修理日記

2011_1117画像0002
キャブレターの調子が悪いとの事で修理入庫したS800ですが、最初に気付いたのがこの症状でチョークバルブのバタフライに更に小さい子バルブがついてますが、スプリングが折損して開きっぱなしになっています。
ひどい場合にはこの子バルブがちぎれ飛んで無くなっているキャブもあります。どこにいっちゃってるのでしょうかね?私の経験上このバルブは無くても始動性に影響はない(極寒の地ではどうか分りませんが)ので外してしまう方が安心なのではないかと思っています。
スポンサーサイト



2011-11-19 : お知らせ :
Pagetop

ホームページをオープンしました。   URLは sps800.comです

はじめまして、昭栄プロテックサービスと申します。

皆様への情報発信の場として、
今後こちらのブログで最新情報をお届けして参りますので
よろしくお願い致します。

2011-08-19 : お知らせ :
Pagetop
ホーム

プロフィール

sps.

Author:sps.