面白い修理

先日、ベンツのユーザーさんから後部サスペンションの不具合で修理依頼がありました。
具体的には、後ろが走行中凸凹道でピョンピョン跳ねると云う不具合で、最初はアブソーバー
の不良だろうと思っておりました。ところがこの車はオートレベライザーと言う機構が
備わっており油圧で車高を自動調整していることが分りました。
油圧で制御しているということはどこかにアキュムレーターが有るはず、と思い良く見ると
右はサスペンションの近くに左はリヤーマフラーの裏側の見にくいところにありました。
この手の故障は多分アキュムレーターのパンクの可能性が高いので先ずはハイドロリック
オイルのリザバータンクの油量を確認、すると案の定タンクには1/3程の油量しか残って
いませんでした。このことでアキュムレーターの不良は確定なので交換する事に。
外したアキュムレータ-からは多量のオイルが出てきました。
交換後試乗すると、しなやかな感じでベンツ本来の走りを取り戻した感がありました。
これならユーザーさんも満足でしょう。

2012_0511画像0041

2012_0511画像0043

2012_0511画像0044


スポンサーサイト



2012-05-22 : 修理日記 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

sps.

Author:sps.